スポンサーリンク

【キャバクラに行く前に読む記事】指名システムやかかる料金について

キャバクラの指名システムについて

キャバクラに行ったことがない、キャバクラに慣れていないという人の多くがまず頭を悩ませるのが、キャバクラの指名システムでしょう。

キャバクラの指名システムには2種類あります。
一度理解してしまえば簡単なので「本指名」と「場内指名」の2つの指名システムについて解説します。

本指名

「本指名」とは、お客さんが来店したときに既にお目当てのキャバ嬢が決まっている時の指名です。
キャバクラに行くと、来店時にボーイから指名の有無を尋ねられるのですが、この時に名前を挙げた子が本指名にあたります。

フリーや場内指名でそのキャバ嬢についてもらったことのあるお客さんが、2回目以降の来店で目当てのキャバ嬢を本指名するのが一般的です。
ただし、ネットやメディアなどで有名なキャバ嬢や、店のナンバーワンとして写真などが出ているキャバ嬢は、全くの新規で本指名が入ることもよくあります。

指名をした子は、基本的にお店にいる間ずっと接客してくれます。
ただし、お店の忙しさやそのキャバ嬢の人気度によっては、必ずしもずっと付いてくれるわけではありません。

これは場内指名の子でも同じですが、指名がたくさん入っているキャバ嬢は、他の指名客と均等に時間を分けて席を移動してしまいます。
そのため、もしも途中でキャバ嬢が席を立ってしまっても怒らないで下さい。

その子がそれだけ人気のキャバ嬢という証明なのですから。

場内指名

「場内指名」とは、フリーで入ってきたお客さんが、店内で付けてもらったキャバ嬢の中でお気に入りがいた時にする指名です。

フリーで入ると、大体1セット内に2,3人のキャバ嬢を交代で付けてくれます。
その時に気になる子を場内指名すれば、その後の時間はずっとそのキャバ嬢が接客してくれることになるのです。

フリーでの来店って?

キャバクラ業界でいう「フリー」とは、キャバ嬢の指名がない状態のお客さんを指します。

新規のお客さんはだいたいフリーで入ることになりますが、一度その店で本指名している人でも気分によってフリーで入ることもできます。

フリーで来店すると20分程度の交代で色んな女の子と話せるので、普段とちょっと気分を変えたいときにもおすすめです。

キャバクラの料金システムについて

キャバクラには、独自の料金システムがあります。

一般の飲食店にはないものなので、最初はちょっと戸惑うかもしれません。

キャバクラの料金システムは店によって細かい違いはありますが、基本的には同じです。
キャバクラの料金システムの詳しい内訳を解説します。

セット料金

キャバクラの料金システムの、いわゆる基本料金にあたるのがセット料金です。
(チャージ料金と呼ぶ店もあります。)

キャバクラはセット制になっており、1セット何分いくらで料金が計算されます。
このセット料金の高さによって、それぞれのキャバクラのレベルがわかります。

1セットは大体50分から90分で、安いところで3,000円から、高いところは1万円以上するところも。
僕も色々なキャバクラに通ってきましたが、60分5,000円のセット料金のキャバクラというのが最も多い印象ですね。

セット料金の中には席料の他、飲み放題のハウスボトルと割りものの代金が含まれます。
セット料金だけでも十分遊べるので、初めて行くお店などは、雰囲気を知るためにセット料金内だけで遊ぶのもいいかもしれません。

▼注意点

セット料金に含まれるハウスボトルはキャバ嬢は飲めないルールになっています。
なので、キャバ嬢と楽しくお酒が飲みたい場合はキャバ嬢の分のお酒を別途で注文する必要があります。
ハウスボトル以外の飲み物は有料です!

指名料

指名料は、気に入ったキャバ嬢を指名する時にかかる料金のこと。

場内指名と本指名がありますが、場内指名の方が若干安めで1,000円から3,000円程度です。

本指名の場合は2,000円から3,000円程度の店が多いです。

▼注意点

フリーで入った時にキャバ嬢から「もっと話したいな」「たくさん一緒にいたいな」などと言われた時にOKしてしまうと、場内指名を了承した意味となってしまいます。
1セット内で2、3人のキャバ嬢と話したあと「あの子ともう一度話したいから呼び戻して!」という場合も場内指名という扱いになります。
さらに1セット外の時間に呼び戻す事になるので、延長料金もかかります。
場内指名料と延長料金がかかることをお忘れなく!

延長料金

セット料金で設定された時間を過ぎると、延長料金がかかります。
延長料金は30分単位で付くことが多く、大体30分につき3,000円から5,000円程度が相場です。

楽しく遊びすぎてついつい延長料金がかさんでしまったということがないように、延長もほどほどにしましょう。

1セットの時間が近くなると、だいたいボーイが延長の有無を聞いてきます。
ただし店によっては、延長を聞いてこないでそのまま自動延長になる場合もあるので要注意。
心配な方は、入店時に延長の際の声かけをお願いしておくといいでしょう。

ボトル料金・女の子のドリンク料金

先ほどもお話しましたが、セット料金には飲み放題のボトルが付いてきますが、これは自分しか飲めません。
女の子にドリンクを御馳走してあげるには、別途有料のドリンクを頼む必要があります。

在籍キャバ嬢

一緒にお酒を頂いてもいいですか?

と聞かれたら、有料のドリンクを頼んで欲しいという合図です。

別に注文しなくてもいいのですが、キャバ嬢と仲良くなって話を盛り上げたいなら、やっぱり一緒にお酒を飲むのが一番です。

有料ドリンクの場合、カクテルが一番安く1,000円程度ですが、たくさん飲むならボトルの方がはるかにお得です。

ボトルは3,000円から5,000円程度のものが頼みやすいですが、高級なものになると何万、何十万もします。
(有名店になると、百万単位のボトルもあるとか……。一度はそんな高級なお酒をキャバ嬢と楽しみたいものです。)

僕はドリンク代を節約するため、ボトルを入れることが多いですね。
3,000円程度のボトルならコスパも良いので、女の子と飲むのも安上がりになりますよ。

クレジットカード手数料

一般的な店での買い物などではクレジットカードの手数料はないのですが、キャバクラに限ってはなぜかクレジットカード手数料を取る店が多いです。
消費税やサービス料との兼ね合いで金額は変わりますが、だいたい総額の10%から20%のクレジットカード手数料を取られます。

そのため、キャバクラの支払いは現金の方が絶対にお得です。

僕は最初、クレジットカード手数料の事を知らなかったので、高額な支払いの際に無駄に手数料を取られて後悔しました……。
それ以来、キャバクラに行くときはある程度お財布の中に余裕を持った現金を用意しておくようにしてます。

システムを理解してキャバクラで楽しもう

キャバクラには、普通のお店と違うさまざまなシステムがあります。
慣れるまではちょっと戸惑うかもしれませんが、一度理解すればどんなお店でもだいたい同じです。

これからキャバクラデビューする方や、まだキャバクラ初心者の方は、気になるお店があれば事前に料金やシステムを調べていくと安心ですよ。
システムをしっかり理解して、心配事なくキャバクラを楽しみましょう!

▼キャバクラでかかる費用をおさらい

・1セットは大体50分~90分で、3,000円から1万円
・場内指名の料金は1000円~3,000円
・本指名の場合の料金は2,000円~3,000円
・延長料金は30分単位で3,000円~5,000円
・女の子のお酒代は一番安いカクテルで1,000円程度
・ボトルを頼む場合は3,000円~5,000円(高級なお酒を除く)
・クレジットカード支払いの場合、手数料が10%~20%とられる

タイトルとURLをコピーしました